オフィス移転で手配が必要!新オフィスへの工事の種類

業務に必要!ビジネスフォンの施工工事

オフィスを移転するとき、新しいオフィスに対しての工事が必要な場合があります。ビジネスでは、電話は欠かすことができない情報ツールであるため、電話がかけられなければ本来の仕事ができません。ビジネスフォンの設置は、家庭用の電話のようには簡単にはいきません。オフィスに設置する数多くの電話を接続するための電話工事が必要でしょう。オフィスの移転に合わせて、新しいオフィスでの電話工事の手配を事前に行っておく事も大切ですね。

計画的に実行すべき!?社内LANの配線工事

オフィスでの仕事では、通信ネットワークを利用する場面が増えています。オフィスのデスクにはパソコンが配置されていて、ネットワークで接続されています。社内LANを導入するには、通信ケーブルに関する施工が必要ですね。オフィスによっては、フロアの下に通信ケーブルを収納擦る事ができるスペースがあります。新しいオフィスにオフィス家具を運び込む前には、社内LAN用の通信ケーブル配線のための工事を行っておいた方がいいでしょう。

忘れていけない!新オフィスの電気工事

オフィスでは、多数のオフィス機器を用い、効率的な業務のために役立っています。オフィスで消費する電力量は大きく、その電力をまかなうための電力供給がなくてはなりません。そのため、新しいオフィスを利用する場合には、電気工事を必要とすることもあるでしょう。既存の電力設備では供給に追いつかないケースもあるため、事前に新オフィスの電力関連の情報を集め検討しておくべきです。余裕を持っての電気工事で、安定した電力供給が果たせます。

筋交いには、角材を交差するように配置する形式や、鋼材を用いたもの、金属製のワイヤーを交差したものなどがあります。

オフィス移転で手配が必要!新オフィスへの工事の種類