賃貸経営のリスクリスクヘッジが運営の柱となる

リスクマネジメントが重要

周知のようにリターンのあるところにリスクがあることは当然ですが、賃貸経営においてオーナーや管理会社ともに、このリスクについての認識が意外と浅かったり無関心だったりするのです。賃貸経営で成功を収めることのできなかった原因のほとんどは、リスクへの適切な対策をとらなかったことにあるといってもいいでしょう。主なリスクには、市場賃料の下落や空室の発生と物件賃料の下落、修繕や建物維持のコスト高などさまざまなものがあり、もちろん不可抗力のものもあるので、経営ですべてをカバーできないこともありますが、最小限にとどめるよう運営をしましょう。

管理会社にどこまで任せるか!?

これから賃貸経営を始める人も、既に始めている人も、あらためて戦っていくリスクを箇条書きしてみると考え深いものでしょう。オーナーとしては、リスクに対して自分自身で腹をくくってやり通すのか、フィーを払って管理会社に任せるのかを選択することになります。過去に痛い目にあったオーナーなた管理会社に任せたほうが得だと感じる人も多いでしょう。一方で、管理運営能力があまりないような会社に任せるくらいなら、自分でと考える人もいるでしょう。しかし、アパート経営専業ならまだしも、自分自身の仕事をしながら時間を割くのは大変ですから、自分の時間との優先順位を考慮に入れて判断しましょう。

最大のリスク市場賃料の下落への対策

空室の発生とそれに伴う賃料の下落は、賃貸物件投資における最大のリスクといえるでしょう。市場全体の賃料が下がるパターンと物件自体に問題があるパターンが考えられますが、市場賃料の下落は不況や環境の変化によるもので、予測することも回避することも困難となります。しかし、物件賃料自体は物件によって大きく違いますし、改革の余地も十分にあるのです。そのため、市場賃料の下落に耐え得る物件というものを企画運営しましょう。

札幌市清田区の賃貸物件について調べたいならば、不動産会社のホームページにたくさん載っていますので、家賃や交通アクセスなど、こだわりの条件を重点的に検索することがポイントです。

賃貸経営のリスクリスクヘッジが運営の柱となる