色々な面での節約が可能!?居抜き物件の良いところ

店舗にかけるお金は節約したい

新しくお店を始めようと思っている時は、やはり開業資金がネックになったりしますよね。開業資金の多くは店舗に関するお金であり、この店舗にかかるお金をいかに節約するかがその後の経営をも左右しかねないものになるかもしれません。店舗にかかるお金を節約したいというときには、居抜き物件を選ぶのが一番でしょう。居抜き物件であれば、厨房機器などの道具がそろっていることが多いので、開業資金をかなり節約できるはずです。

解体するときにもお得に

居抜き物件であれば、もし解体をするというときになってもお得に済ませることができます。ふつうお店を閉めてそこから出ていくという場合には、原状回復というものをしなければならなくなります。これは一般的な賃貸物件と同じで、要するに借りる前の状態に戻さなければいけないんですね。しかしそういう解体の工事にもお金がかかるもので、高ければ坪単価で10万円くらいしたりします。閉店のことなど考えたくはないでしょうが、あらゆることを考えて策を練っておきたいところです。

居抜きにもデメリットはある

居抜き物件は確かに開業の資金を節約することができるというメリットがありますが、いっぽうでもちろんデメリットもありますよ。たとえば、居抜き店舗というのは言ってみれば中古物件です。そのため老朽化していたり、内装が壊れやすかったりすることもあるようです。また何もないまっさらな店舗で一から作っていくのとはちがって、内装の自由度は下がってしまうものですが、その分安く借りられるというわけですね。こうした功罪をしっかり認識したうえで居抜き店舗を探してみましょう。

商売で成功するためには立地の良さは意外と重要です。店舗物件を探す際には、立地の良さを重要視して物件選びを行ってください。

色々な面での節約が可能!?居抜き物件の良いところ

意外と見落としがち!?物件の文字情報から読み取れること

文字情報には結構重要なことが書かれている

ネットや情報誌などの物件情報は、間取り図や写真、はたまた動画なんかも載っていて、とても見やすくなっていますよね。特に写真や動画などの視覚的な情報は部屋のイメージを膨らませやすいので、部屋探しにおいてはとても重宝するものです。しかしそうした視覚的に見やすい情報以外の文字情報などを見落とすべきではありません。というのも、文字情報にはたとえばお金についてのことや、周辺の環境についてのことなど、そうした細かい情報がたくさん書かれているからです。

駅からどれくらいかかるのか

文字情報としていちばん目に付きやすいもののひとつとしては、駅からどれくらいかかるのかということではないでしょうか。最寄駅から徒歩何分という情報はよく目にするでしょうが、これってどのような基準で決められているのか知っていますでしょうか。駅からの所要時間というのは、だいたい徒歩1分あたり80メートルという計算で書かれています。しかしこれは途中の信号や踏切の待ち時間だとか上り坂などの時間は考慮されていないので、あくまで参考程度に見ておくようにすると良いでしょう。

費用についての記載はとりわけ重要

物件情報の中でも、家賃や初期費用などのお金の記述は特にしっかりと見ておきたいものですよね。誰しも家賃がいくらかということは間違いなく確認をするのでしょうが、しかし初期費用については見落としてしまうことも良くあるものです。初期費用というのは、敷金や礼金、仲介手数料などのことですが、中には鍵交換代金とか、退去時のクリーニング費用などといったものを取られる物件もあります。そうした記載を見落としていて、後で費用が足らなくなったなんてことにならないようにしたいものですね。

単身赴任者に人気の札幌の賃貸物件は、面積の広さが特徴的です。特にくつろげるリビングがあることや、大型家電が置きやすい間取りである点が特徴的です。

意外と見落としがち!?物件の文字情報から読み取れること